バーチカルブラインド


『クリエーションバウマンと言えば、バーチカルブラインド。』
多くのお客様から、そんなお声をいただくように、クリエーションバウマンのブランド代名詞とも言えるのがバーチカルブラインドです。

従来、バーチカルブラインドの羽根は、1000㎜以上の幅の生地にスティフナー加工(薄い糊付けの加工)をほどこし、それを熱で羽根幅にカットし作られています。織りにでこぼこのある生地は、スティフナー加工がかからないため、バーチカルブラインドには、平坦で表情のない生地しか使う事ができませんでした。また、この工法だと羽根によれが出るので、それを防ぐために裾にチェーンをつける必要性があります。この2点から、長い間バーチカルブラインドは、世界のどこでも、デザインを期待される事もなく、機能だけを重視する「オフィス用」でした。

そんな味もそっけもないバーチカルブラインドに革命を起こしたのが、クリエーションバウマンです。約40年前、生地を“羽根幅(127mm)で織る”という世界初の技術を開発。この技術により、スティフナー加工の必要性を無くし、羽根の多彩なデザインと、裾にチェーンつけない美しいスタイルを可能にしたのです。
スイス本社で開発された、このバーチカルブラインドは、8年前に日本でも大ヒットし、バーチカルブラインドブームを作りました。当たり前のように、住宅のインテリアの選択肢としてバーチカルブラインドが選ばれる今の日本。その市場を作り上げたのは、クリエーションバウマンだといっても過言ではありません。

サンプル請求のページでは、バーチカルブラインドの生地サンプルがご請求いただけます。

コメントは受け付けていません。